製品紹介
銘木アルバム
大径木を製材する行程
神代杉紹介
会社案内
数々の賞


市房杉とは、九州熊本にある市房神社の社木です。

これらの社木は、昭和43年に宮内庁からの要請で積層合板に加工され、

新宮殿の天井板などに使用された事から、杉の中では最高級とされています。

台風等の被害が無ければ、伐採許可が下りない特別な杉ですが、

平成16年に台風15号の被害を受け、伐採される事になりました。



<<上の写真が当社で購入した市房杉です>>

元玉(上記写真) 末口162cm 元口250cm 長さ520cm
購入金額1660万円

二番玉(上記写真の右側部に続く丸太) 購入金額760万円

三番玉(二番玉のさらに右側部の丸太) 購入金額280万円


当社で購入した市房杉の合計
長さ約13m 購入金額2700万円



木口を見てみるととても良い製品が期待できます

どのように製材していくかチョークで墨かけしていきます

大径木の製材には特別な胴割機械を使います

杉皮にもチョークで線を引いていて慎重に作業を進めて行きます

リフトとローダーを使用し、さらに胴割を進めていきます

これで4分割になり、やっと台車に乗せる事が出来ます

台車に乗せ製材してみると・・・

素晴らしい全面笹杢の杢盤が出来ました



TOPへ