製品紹介
銘木アルバム
大径木を製材する行程
神代杉紹介
会社案内
数々の賞

玄関
tenji13 tenji14
左上:格天90cm角

右上:厚板を立ててオブジェに
腰板は90cm角

右:式台はNHKで放送された丸太より
tenji15



玄関から見た畳(琉球畳)の部屋

戸板を付けなかった事で開放感。
大黒柱は27cm×33cmで重量感。

目透天井板86cmを使用
透かしは55mm幅

畳の部屋戸板 (高岡市天然記念物)



和室
大和貼12mm×90cm幅
床の間
戸板は夫婦杉より



リビング
1mm厚貼(市房杉より)
厚板をテーブルに



二階和室

45cm目透貼


12mmを縦貼(市房杉)



オブジェとして

廊下

天井板は厚貼柾天井

床は天然杉柾

屋久杉
ムク材は割れる為、使いづらいと言われますが、
高気密オール電化住宅でも割れは生じていません。
すべて一カ所止めとし、遊びを持たせている為、
自由に呼吸をし伸縮させています。


心と体にやさしい木材の香りには、気分を静める効果があり、森林浴に近い安心感と自然感があります。



トイレ(青森ヒバを使用)
各部屋ドア(左は物置)

TOPへ